哲学者ソクラテス

その魂に何を見るか


2024年8月3日(土)~4日(日)

Mr.daydreamer #9
ソクラテスシリーズ「パイドン」

2022年より「ソクラテスシリーズ」と銘打ち、哲学者ソクラテスの言葉を演劇作品として現代につなげることを試みてきたMr.daydreamerが、ソクラテスの「死」を描く。

「魂の不死」を主張し、死すらも肯定したソクラテスのロジックに、現代の私たちはどう対峙するのか。

そして、著作を残さなかったソクラテスの代わりに、膨大な対話篇を記した著者プラトンは、ソクラテスに何を想ったのか。ソクラテス自身の魂は、どこに在るのか。

リアルタイム演算で変化し続ける映像演出と、観客が自由に移動できる回遊型空間を組み合わせ、俳優・観客の存在とインタラクティブに呼応する演劇作品としてお届けします。

<あらすじ>

ソクラテスの死刑執行に立ち会ったパイドンが、当日の様子を回想し語るという設定で進行される。ソクラテスは、ケベスやシミアスをはじめとした弟子たちと、「魂の不死」について対話したのち、処刑のための毒杯を自らあおり死にゆく。

◆公演日時

  1. 2024年8月3日(土)14時開演
  2. 2024年8月3日(土)20時開演
  3. 2024年8月4日(日)13時開演
  4. 2024年8月4日(日)17時開演

※受付開始は開演の30分前、開場は15分前

◆上演時間
約60分間を予定

◆場所
福岡アジア美術館 あじびホール

◆チケット料金
一般…2,500円
U-22…2,000円
高校生以下…500円
ペア割…4,000円(2名様でご来場時に利用可。予約のみの取扱い)

※席数に限りがありますので、ご予約をおすすめいたします
※当日券も同一料金(ペア割は当日の取り扱いはありません)
※U-22チケットは、22歳以下が対象。年齢のわかるものを当日受付にてご提示ください
※高校生以下チケットは学生証を当日受付にてご提示ください

◆ご観覧に際して
・会場内を移動しながらご覧いただく作品です。椅子に座ったり、立ち上がって移動したりしながら自由な姿勢でお過ごしいただけます。
・美術館施設のため、ご飲食・生花の持ち込みはご遠慮ください

◆ご予約
こちらの予約フォームよりご予約ください

※チケット料金のお支払いは、当日受付にてお願いいたします(現金/クレジットカード/交通系IC)
※車椅子でのご来場など、サポートが必要な方は予約フォームの備考欄またはお問い合わせ先よりご連絡ください

◆お問合せ
電話: 070-4105-8865(ノガミ)
メール: mr000daydreamer★gmail.com

※メールの際、「★」を「@」に変えてメッセージを送信してください。

※2023年12月上演、ソクラテスシリーズ第2回「クリトン」の映像

◆出演者
赤阪陸央(Mr.daydreamer)
紗羽(Mr.daydreamer)
古川智恵子(Mr.daydreamer)
古賀駿作(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)
千代田佑李(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

◆主催
Mr.daydreamer

“現代悲劇を創作すること”を活動趣旨とし、福岡を現在の拠点とする演劇ユニット。
2017年結成。自主公演やコンペ出場など福岡県内外で意欲的に活動を行い、2018年・2019 年の福岡学生演劇祭で2年連続の大賞受賞、第5回全国学生演劇祭では審査員賞受賞を果たす。
2022年より、“ソクラテスシリーズ”としてプラトンの対話篇を原作とした演劇創作に取り組み、同年12月に『ソクラテスの弁明』(福岡市)、2023年12月に『クリトン』(神奈川県小田原市、YPAM2023フリンジ参加)を上演した。

Facebook Instagram X

Back >
カテゴリ「知的好奇心を刺激する」

<他のイベントもCheck!!>

2024年6月28(金)~30(日)
劇団HallBrothers
『家中の栗』

2024年7月13(土)~14(日)
朗読とギターで奏でる
サスペンス