世界三大音楽院を修了

福岡出身の若き才能!


2024年6月29日(土)開催

今泉響平ピアノリサイタル
~名曲の花束・ヴァイオリン編~

世界三大音楽院と称されるモスクワ音楽院、そして大学院課程を修了。

国内外のコンクールで多数の受賞歴を持ち、2021年に開催された日本最大規模のピアノコンクール「第45回ピティナ・ピアノコンペティション」では、最高峰である特級で3位受賞とともに新人指導者賞を同時受賞するという初の快挙を成し遂げた今泉響平。

若きピアニストとして今、目覚ましい活躍をしている今泉が、出身である福岡でソロリサイタルを開催する。

◆公演日時
2024年6月29日(土)
開場 13時 / 開演 14時

◆場所
あいれふホール

◆チケット
全席自由
早割…3,500円 ※入金期限:6/7(金)
一般…4,000円
学生…2,000円

◆ご購入
こちらよりご予約ください。

◆お問合せ
響企画
電話: 070-5812-0465

※特級3位を受賞したピティナ・ピアノコンペティション、セミファイナルの演奏
※注:今回演奏される曲ではありません

◆出演者 経歴

今泉 響平> ピアノ
10歳よりスズキ・メソードでピアノを始める。15歳で全過程を終了。高校卒業後、単身渡露。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院及び大学院課程を修了。また、大学院課程には最高得点で入学。

国内外で数々の賞を受賞し、ラザール・ベルマン国際ピアノコンクール(イタリア)第1位、ピアノアジア賞。2021年第45回ピティナ・ピアノコンペティション特級にて第3位受賞。また、指導者として新人指導者賞を受賞。特級入賞と新人指導者賞の同時受賞は初の快挙。

2016年のデビューアルバム「トロイメライ~ピアノ名作集~」を皮切りに、「ヴラディミール・ホロヴィッツ編曲集」「月の光~ピアノ名曲集Ⅱ~」「ヴァイオリン・ピアノソナタ」をリリース。また、合同会社ミューズ・プレス社より、自らが採譜や編曲を行った楽譜も出版している。

現在ピアニストとしてソロ・アンサンブル、コンクール審査員、マスタークラス・サロン等の活動を行い、東京と福岡で後進の指導にあたっている。
全日本ピアノ指導者協会正会員。名陽木工アンバサダー。

Facebook Instagram X YouTube

◆主催
響企画

Back >
カテゴリ「美しさに身を委ねる」

<他のイベントもCheck!!>

2024年6月16日(日)
原田哲男
無伴奏チェロコンサート

2024年7月13(土)~14(日)
朗読とギターで奏でる
サスペンス