ベートーベンを

“ピリオド楽器”で


2024年10月18日(金)開催

川口成彦
フォルテピアノリサイタル

第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで第2位を受賞した川口成彦が、

ベートーベンの四大ソナタを奏でる!!

現代のピアノとは異なる音色で豊かに表現される演奏、ぜひご堪能ください。

<ピリオド楽器とは?>
楽曲が作曲された当時の様式を持った楽器のこと。古楽器とも呼ばれる。

<フォルテピアノとは?>
18世紀から19世紀の様式をもったピアノを特に指す時に使う。現代一般的なピアノ(特にモダンピアノと呼ばれる)とは音域や音色が異なる。古楽器演奏家は演奏する曲が作曲された時代に近いものを選んで使用する。

今回の使用楽器。いずれも太田垣至氏による修復・修元。
左:J.Broadwood and Son c.1800(修復)
右:A.Walter c.1795(修元)

◆公演日時
2024年10月18日(金)
開場 18時30分 / 開演 19時

◆場所
戸畑市民会館 中ホール(ウェルとばた3階)
※JR戸畑駅南口から徒歩1分

◆チケット料金
全席自由
一般…4,500円
学生…2,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください

◆ご購入
以下のいずれかよりお求めください。

<チケットぴあ>
ご購入はこちらから

<オンラインフォーム> 
こちらより、必要事項をご入力の上送信してください

<お電話>
以下に記載の電話番号よりご連絡ください

<その他>
戸畑市民会館、小倉井筒屋プレイガイドでも取り扱っています。

◆お問合せ
電話: 070-8398-4809(arte75)

第2位を受賞した、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール・ファイナルの映像。

◆経歴

<川口 成彦>
第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位、ブルージュ国際古楽コンクール最高位。フィレンツェ五月音楽祭や「ショパンと彼のヨーロッパ」( ワルシャワ )、モンテヴェルディ音楽祭(クレモナ)をはじめとした音楽祭に出演。2023年には神奈川フィルハーモニー管弦楽団の弾き振りも行う。
東京藝術大学楽理科卒業後、同大学およびアムステルダム音楽院の古楽科修士課程修了。第46回日本ショパン協会賞、第31回日本製鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。

◆主催
一般社団法人arte75

Back >
カテゴリ「美しさに身を委ねる」

<他のイベントもCheck!!>

2024年5月17日(金)
「カルメン」
インサイドアウト

2024年5月19日(日)
左手ピアノソロと

室内楽