世界を覆して解決に導く

機械仕掛けの神の出番は


2024年8月2日(金)~4日(日)

あなピグモ捕獲団 真夏の公演2024
「今ここで デウス・エクス・マキナ」

1997年より福岡・東京で活動を続けるあなピグモ捕獲団による演劇公演!

主宰・福永郁央が描く詩的で哲学的な物語は、目に見えるリアリズムの世界に留まることのない多角的な視点から表現され、見る者の深層に迫る。

本作品のタイトルにも使われている “デウス・エクス・マキナ” とは、演劇手法の一つ。古代ギリシアの演劇、中でも悲劇においてしばしば登場したという。

<デウス・エクス・マキナ>
劇の内容が錯綜して縺れた糸のように解決困難な局面に陥った時、
絶対的な力を持つ存在(神)が現れ、
混乱した状況に一石を投じて解決に導き、
物語を収束させるという手法を指した。
(※公演チラシより引用)

“今、ここで”、どのように、 デウス・エクス・マキナが取り上げられるのか?

どうぞお見逃しなく!

◆公演日時

  1. 2024年8月2日(金)19時開演
  2. 2024年8月3日(土)14時開演
  3. 2024年8月3日(土)19時開演
  4. 2024年8月4日(日)14時開演

※各回とも開場は開演の30分前

◆場所
ぽんプラザホール

◆入場料
前売 一般 3,000円
   学生 1,500円

当日[一律]3,500円

※学生チケットは、前売のみの取り扱い
※学生チケットご購入の方は、受付にて学生証をご提示ください

◆ご予約
こちらよりお申込みください

◆お問合せ
電話: 080-9244-0753(PIGMIX)
メール: pigmo★pigmix.office.ne.jp

※メールの際、「★」を「@」に変えてメッセージを送信してください。

◆主催
あなピグモ捕獲団

1997年、九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)演劇部のOB有志により結成。福岡・東京で活動を続け、現在までに本公演56作品を上演。主宰・福永の描く詩的で哲学的な物語は、目に見えるリアリズムの世界に留まることのない多角的な視点から表現され、見る者の深層に迫る。
大胆な音響効果、ライティングもその世界観に欠かせない要素。福岡で唯一無二の作風と豪語したい。パッチワークのように織り重なる物語を、自分なりに紡いで楽しむも良し。難しいことは考えずにリラックスして、浮かび上がる印象を楽しむも良し。目の前の劇空間を、感性と知性と天性で自由に楽しんでいただきたい。

Facebook Instagram X

Back >
カテゴリ「知的好奇心を刺激する」

<他のイベントもCheck!!>

2024年7月16日(火)
ACCORDANCE DUO
〜イタリアの息吹~

2024年8月25日(日)
朗読ミシュラン★★★
〜怪談〜